So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ビジネスマッチングサイト パートナも取引先も [ブログ ビジネス]


ビジネスマッチングサイトBestNexus


ビジネスマッチングマッチングサイトを活用してこんな悩みを解決しませんか?


・フリーランスだけど仕事がない

・仕事を依頼したい

・新しい取引先を探したい

・新規開拓をしたい

・起業したいけど資金が足りないので投資家さんから集めたい

・投資家だけど、投資先を探している。





現段階では案件募集を行っており、無料で使用できるようです。








nice!(1)  コメント(0) 

中国地方の活断層地震 30年以内の発生確率50% 「非常に高い」 [最新ニュース]

政府の地震調査委員会は1日、中国地方でマグニチュード(M)6.8以上の活断層による地震が発生する確率を地域別に示した予測を公表した。全域のどこかで30年以内に起きる確率は50%で、「非常に高い」として自治体の防災計画に活用するよう呼び掛けた。

 全域のほか中国地方を3区域に分けた確率も予測。鳥取県と島根県東部からなる北部が40%と高く、山口県周辺の西部は14~20%、岡山県と広島県にまたがる東部は2~3%となった。

 北部は活断層は少ないが地震活動が活発で、未知の断層が地下に隠れている可能性も考慮して算出。西部は活断層が密集しており、活動性も高い。東部は地震活動が低いと評価した。

 調査委は断層ごとではなく地域単位で確率を求める手法を平成25年に導入。中国地方は3番目の公表で、全域は九州地方の30~42%より高く、関東地方の50~60%に迫る数値となった。

 長さ20キロ以上の主な活断層に小規模なものを加え計24断層を分析。各断層の確率や過去に起きた地震の頻度などから地域の確率を算出した。最大規模の地震は、山口県西部から日本海沿岸に延びる菊川断層帯の全域が連動した場合でM7.8~8.2以上。

 中国地方の日本海側では平成12年の鳥取県西部地震(M7.3)、昭和18年の鳥取地震(M7.2)など規模の大きい地震が数多く起きている。四国沖の南海トラフからフィリピン海プレート(岩板)が沈み込んでいる影響で陸地が北西方向に押され、ひずみが蓄積しているためとみられる。

 調査委の平田直委員長は「中国地方北部の確率は世界的にみても高い。東部も南海トラフ地震の影響が懸念される。全域にリスクがあることを認識し、防災に役立ててほしい」と話している。

スタジオあるたが3月で休止!?!?


いいとも“聖地”スタジオアルタ、3月いっぱいで休止 新宿アルタは継続



フジテレビの「笑っていいとも!」が行われていたことで知られる、東京・新宿のスタジオアルタが、今月31日でスタジオとしての営業を休止することが3日、明らかになった。

TOKYO MXテレビがこの日、同スタジオの最後のイベントとして「出張!5時に夢中!in新宿スタジオアルタFinal~内藤聡子卒業SP~」を31日午後5時から生放送すると発表。「1980年4月のスタジオ稼働開始から、生放送バラエティの聖地として営業してきた36年の歴史に幕を閉じることとなり、新宿スタジオアルタの有終の美を飾る特別な日となります」とリリースしている。


 スタジオアルタは、新宿駅東口駅前のファッションビル「新宿アルタ(新宿ダイビル)」7階にある多目的スタジオ。14年3月31日まで、平日昼間に「森田一義アワー 笑っていいとも!」が生放送されていた。新宿アルタは、引き続き営業を続ける。




前の3件 | -